カジノの歴史ってとても長いって知ってた?中世から始まり、今話題のオンラインカジノまでの流れをご紹介

カジノの歴史は長い。とても長い

カジノは非常に歴史が古く、そのルーツも中世のヨーロッパまでさかのぼります。
始まりは、ルイ15世の時代にフランスに出現した上流階級向けや庶民向けの賭博場と言われています。
とはいえ、語源だけを言うなら、元々はイタリア語のcasa (家)で、縮小の語尾「-ino」が付いたものと言われていることから、ヨーロッパを中心にして元々あった賭博場がイタリア語からの借用で自然とカジノと呼ばれるようになったのが自然だと言えます。
以後、現代に至る前で500年以上に渡りカジノは続いていくことになります。

映画でよく見る煌びやかな「テーマカジノ」は1960年代に形作られる

映画「007 カジノロワイヤル」や「オーシャンズ11」など、カジノをテーマにした映画はたくさんあり、こうしたものはとてもきらびやかな外観や内装となっています。
このようなカジノは「テーマカジノ」といい、家族連れや地元客をターゲットにしており、ショーやリゾート施設を併設して、カジノ以外も楽しめるような造りになっています。
こうした「テーマカジノ」は1960年代にアメリカで誕生しましたが、以後このスタイルのカジノが増えていくことになります。
その背景には、カジノという商売柄、他と差別化が難しいことがありました。
テーマカジノでは、上記の通りいろんな施設を併設していることから、地域や施設によって特色を出しやすくなっています。
そうした事情から、仮にそのような施設での売り上げが赤字であったとしても作ることが多いです (赤字分はカジノでの売上で補填します)。

合法?違法?国によってまるで違う状況

現在、カジノは120か国以上で合法化されていますが、その規制状況は国によって大きく違います。
場合によっては、国の大きな観光資源となるので、モナコやマカオのように非常に力を入れているところもある一方で、日本のように存在しないところもあります (もっとも、日本だと競馬、競輪、ボートなど、合法のギャンブルがあったり、パチンコなど事実上黙認されているギャンブルは存在します)。

下記では、代表的な国の状況を説明します。

モナコ

「モンテカルロ法」は、モナコの4つの区画の1つ、モンテカルロという場所から取っていることからわかるように、カジノでとても有名な国です。
モナコには、1863年開業のグラン・カジノを始めとして、4つのカジノがあります。

アメリカ

「カジノの街」といえばラスベガスで、上記でも少し触れたとおり、日本でカジノといえばラスベガスを思い浮かべる方が多いかもしれません。
煌びやかな建物、刺激的な雰囲気は、ここがルーツとなっています。
昔は金鉱の街として発展しましたが、ゴールドラッシュが去った後に世界恐慌が発生し、当時他に大した産業がなかったことから、街はカジノの街として舵を切ることになったのが始まりです。
当時はマフィア等が跋扈し、運営も彼らが担うことが多かったのですが、近年では締め付けが厳しくなり、大富豪や不動産屋に経営権を手放すことが多くなっているようです。

マカオ

ポルトガルから中国にマカオが返還された際にも、元々カジノはあったようですが、規模はそれほど大きくありませんでした。
しかし、2001年に外国資本を受け入れてから、アジアのカジノの街として急速に発展していくことになります。
現在ではその規模も非常に大きく、ラスベガスより収益を上げています。
また、「ザ・ベネチアン・マカオ」は世界最大のカジノとしても知られています。

日本

上記で触れたとおり、日本にカジノは存在しません。
しかし、観光収入が見込めることからカジノを誘致する動きがあり、実際に横浜市や大阪府も関心を寄せています。
現在はコロナ禍ということで動きはストップしていますが、そのうちまたカジノ建設の話が上がるかもしれません。

余談: 日本で安全にカジノするならオンラインカジノが現実的。無料ボーナスがあるところも

このように、日本にはカジノがないことから、現状合法的にカジノを行うには、カジノが合法な国に行ってそこでプレイする、というのが主流になっています。

しかし、日本でもカジノをプレイする方法があります。

それがオンラインカジノで、その名の通りオンラインでカジノをプレイする、というものです。

現状、まだまだ黎明期であることからプレイに関しての法規制がありません。

とはいえ、判例的には「少なくともプレイする分には違法とは言えない」という判例も出ておりますので、特に問題にはならないでしょう。

また、オンラインカジノには、最初のプレイに無料ボーナスを提供しているものがあるので、そういったところを活用すれば、お得に始められます。
日本で法整備が進められて店舗型のカジノが設立されるのを待つより、グレーでありながらも「プレイしても違法とは言えない」という判例が出ており、なおかつ初回登録時にボーナスが付与されるオンラインカジノをプレイする方が、カジノに興味がある日本人にとっては極めて合理的だと言えるでしょう。

まとめ

あまり触れられることのない、カジノの歴史とその余談について触れました。

カジノについて詳しい人もあまりいないと思いますので、日常のちょっとした雑学として覚えておくと良いでしょう。

これから映画等を見ていてカジノのシーンが出たら、「これは○○だったのか」と今までよりちょっと違った視点で楽しめるかもしれません。